包茎の基礎知識

ご自身の男性器の状態を正しく知ることから始めましょう

さて、皆様はご自身の包茎状態をご存じでしょうか?
包皮が被って露茎していなければ、包茎と一括りにしてしまってはいないでしょうか。ひとくちに「包茎」と言っても3種類に分類され、症状もそれぞれ異なります。

包茎は「真性包茎」「仮性包茎」「カントン包茎」と分けることが出来ます。これらは、手術が急いで手術を要する包茎と、急いでしない包茎、また手術が出来ない包茎と緊急性も異なります。

まずは以下の内容をご覧になり、ご自身の男性器がどのような状態であるのか正確に認識してみましょう。※包茎の状態には個人差がありますので、詳しくは専門医にご相談下さい。

包茎の種類

真性包茎

男性器に常に包皮が被っている、または亀頭と包皮の癒着により平常時でも皮をめくることが出来ず露茎出来ない状態を真性包茎と言います。無理に剥こうとしても包皮口が狭く尿道口が見える程度しか剥くことが出来ないケースが多いです。また、勃起時でも剥くことが困難な為、窮屈に感じたり痛みが伴う場合もあります。亀頭が包皮に常に覆われていると亀頭の成長が阻害されてしまうこともあり、いわゆる先細りの男性器になる可能性があります。

マイナスポイント

亀頭が常に包皮に覆われているため、恥垢が溜まりやすく包皮炎や性病・悪臭などの原因に繋がる場合があります。包皮が癒着している為、性行為の際に不自由に感じることや痛みが伴うこともあります。また、無理に包皮を剥こうとすると出血が伴う可能性もありますので一度ご相談される事をお勧め致します。

仮性包茎

最も多い包茎の種類です。平常時は包皮が亀頭を覆っており、手で剥くと亀頭を簡単に露茎する事が出来ます。勃起すると亀頭が自然と露茎する軽度の仮性包茎から、勃起してもほとんど包皮を被ったままの仮性包茎までさまざまです。加齢や体格の変化により、露茎していた状態から包皮が被っている状態になる場合もあります。

マイナスポイント

平常時、常に包皮が亀頭を覆っている為、日ごろのケアを疎かにしてしまうと不衛生になりがちです。その為、包皮炎や性病に繋がる事もあります。また、包皮と亀頭の間に陰毛が絡まり傷を付けることで、炎症を起こしてしまう可能性もあります。常に露茎していない状態の為、亀頭が刺激に弱いとも言えます。

カントン包茎

亀頭が包皮に締め付けられる感覚がある状態をカントン包茎と言います。平常時には亀頭をどうにか露茎させることができますが、勃起時や露茎時に痛みが伴う場合が多いのが特徴です。包皮口が狭い為に包皮を無理に剥くと痛くて元に戻せない場合があります。元に戻せない状態が続きうっ血している場合などは、緊急性が必要な為早めにご相談される事をお勧め致します。

マイナスポイント

包皮口が狭い為に、性行為を行うと狭い包皮の部分が裂けてしまう場合があります。その傷口から、菌が入り、性病・包皮炎に繋がる可能性もあります。また無理に剥くと、締め付けられる事が原因で大きく腫れ上がることもあります。その痛みで、性行為が満足に行えないなどの影響も出てきます。

あなたの包茎状態は?

露茎するためには手術が必要です

包茎を改善する為に、治療グッズや治療薬などありますが、基本的に包皮を切る事でしか包茎を改善することは出来ません。だからと言って、すぐに治療をしなければならないという訳ではないのです。「手術しないと直らない」と聞いて「今すぐ手術を…」と選択を早まらないで下さい。

まずはどういった治療内容か、などを知ることからで大丈夫です。 また、男性器の治療を行っているクリニックは複数ございますので、ぜひクリニックを比較してみてください。そしてご相談の際のポイントとして、
・医師が診察を行っているか
・カウンセラーと医師は分かれているか

などをご確認下さい。複数のクリニックをお回りになられて、最後にABCクリニックにご来院される患者様も多くいらっしゃいます。

ABCクリニックではできる限り患者様の望む理想の露茎状態に近づけるように全力でサポート致します。他の治療とも組合せは可能ですのでお気軽にご相談ください。

ABCクリニックの治療コラム

新着記事

人気記事

ページの先頭へ

オンライン予約はこちら