長茎術の基礎知識

男のシンボルの短さはコンプレックスの象徴。

包茎の次に多い男性器のコンプレックスとして、サイズの短さを何とか解消したい。が挙げられます。

見た目のカッコ悪さとして皮が被っていると同じくらい、短くて隠れた男性器を気にされる患者様が大変多いようです。

また、若い時は立派な長さだった患者様も加齢や体型の変化によって短くなってしまったり、下腹部に埋もれてしまうケースもあって相談者は以前から変わらず多く訪れます。

当院の長茎術は隠れてしまったサオの部分を引き出し、固定してしまう治療をしております。

メスを使わない方法から傷口が目立たない根本治療まで。

当院ではメスを使わないプチ整形からメスを使った埋没部露出術で根本的に治療するなど、目的に応じて幅広い対応をしております。

どちらも体の負担も少なくて傷口が目立たないのに2〜5㎝伸びる事が期待できるという事で、治療をご希望される患者様が増えています。

ただ症状によっては思うような長さにならないケースもございますので、専門医にまずは症状を詳しく診てもらう事をオススメ致します。

当院では減痛治療に力を入れています。

陰茎の奥深くに注射し、注入剤を投入して大きくするという施術ですので、敏感な箇所である男性器はどうしてもちょっとした刺激でも反応しまい痛みが伴ってしまいます。

当院では男のデリケートな部分への痛みを最大限に抑える減痛治療に力を入れております。

詳しくは専門医にご相談下さい。

長茎術の治療費について

こちらの治療費に関しましては、あなたのなりたい姿・理想の姿がどういう姿なのかによって異なります。基本的な治療方法として下腹部に隠れた陰茎(男性器)を体外に引き出す埋没部露出長茎術を推奨しておりますが、メスを入れずにできるプチ整形もございます。目的によって内容も費用も変わりますので、まずは専門医にご相談下さい。

詳しくは当院の“費用一覧”のページでご確認していただけますが、最終的には専門医とのカウンセリングを経て、理想の姿になる為の費用を最小限で実現できるようにしております。

長茎術プラン

下記治療費用は標準の価格となります。

  • 切らない術式 ¥150,000
  • 埋没部露出術 ¥300,000

ABCクリニックの治療コラム

新着記事

人気記事

ページの先頭へ

オンライン予約はこちら